日本ラーメン戦争

現在、日本の即席ラーメン戦争が勃発しそうだと言われているのが「ベトナム」です。
ベトナムの即席麺市場はエースコックのシェアが、他社と比べものにならないくらい
高いと言われています。

しかし、その中で日清食品ホールディングスが去年の夏、同国南部の子会社工場で
ノンフライ麺の製造を開始しました。これは、「ベトナム」が平均年齢が低くとても若い国なので、
消費市場としての成長が見込まれるためだそうです。

世界ラーメン協会の資料によると、2011年のベトナムの即席麺売り上げは49億食で
世界4位となっています。

日本は、55億食で世界3位となっていますので、即席麺は「ベトナム」にとって今では
国民食と言っても過言ではないでしょう。

また、現在「ベトナム」では即席麺だけではなく、文化面でも日本食がブームとなっているようです。
日本食を提供するレストランや総菜店のほか、回転寿司や鍋料理も流行しているそうですよ。
食の安全にかかわる問題が後を絶たない「ベトナム」でここまで流行っているのですから
日本食に対する信頼が高いと言っても良いでしょうね。

This entry was posted on 2014年9月3日 at 4:28 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • メタ情報